ナンバンギセル

 ナンバンギセルはイネ科の単葉植物であるイネ、ススキ、サトウキビ、ミョウガなどの根に寄生し、葉緑素がなく、宿主の根から吸収した栄養分に依存して生育する。全長は15~50cm、葉は被卵形、赤紫色の花を1個つける一年草で、花期は7~9月である。

 日本を含むアジア東部、アジア南部の温帯から熱帯にかけて生育する。原産地は日本、中国である。日本では北海道から沖縄まで広く分布している。

 植物でありながら葉緑素を持たないため、光合成で自ら栄養分を生み出せない植物である。ススキの根などに根元を巻き付けるようにして、自らのからだを食い込ませ栄養分を吸収する。地表に出ている部分は花柄と花の本体だけで殆ど地中に埋没している。宿主の成長は阻害されて、死に至ることもある。

 名前の由来は花の姿が南蛮人が使っているキセルに似ていることから名付けられている。花言葉は「物思い」で、うつむいて咲く花の姿を物思いにふけっている姿に見立てたことに由来している。古くは万葉集にも歌われている風情のある花であり、当時から尾花(ススキ)に寄り添って咲く花として知られていた。

ホトトギス

 ホトトギスは日本の太平洋側に自生する多年草で、日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られる。直径2~3cmで紫色の斑点のある花を1~3輪上向きに咲かせる。

 茎は枝分かれせずに、まっすぐ斜めに伸び、場所によっては弓なりに垂れることもある。花の色は白、紫、ピンク、黄色などがある。草丈は30~100cm程度で、葉は左右に互生し、葉の両面に軟毛が生える。開花期は8月~10月頃である。

 種類は10種ほどあり、ホトトギス白楽天、花弁が白に近いピンク色のシロホトトギス、茎の先端に鮮黄色で赤紫色の斑点が散るキバナホトトギス、台湾と西表島にみられるタイワンホトトギス、茎に毛がないサツマホトトギス、花弁が反り返った花を咲かせるヤマホトトギス、やや明るい林に見られるヤマジノホトトギス、九州南部の森林に咲くタカクマホトトギス、葉が黒い烏葉のチャボホトトギスなどがある。

 名前の由来は、花の紫色の斑点の様子を鳥のホトトギスの胸にある斑点に見立てたことによると言われている。

 ホトトギスの花言葉は「永遠にあなたのもの」「秘めた意思」などが付けられている。

ホタルブクロ

 ホタルブクロは、平地から山地に広く分布する多年草で、日当たりの良い草原や林縁などに見られる。初夏から夏の前半にかけて、ホタルの飛び交う時期に釣り鐘型の花を茎に多数咲かせる。草丈は30~80cm程度で、花の色は白、紫、ピンクなどがある。

 細い地下茎を伸ばして増え、開花した株はタネと多数の子株を残して枯れる。子株は1~2年で親株になる。原産地は、東北アジアと朝鮮半島、日本である。

 ホタルブクロには、本州の山地に分布する紫色のヤマホタルブクロ、伊豆諸島に分布する小さい白い色のシマホタルブクロ、四国の石立に分布する薄紫色のイシダテホタルブクロ、朝鮮半島に分布する黄色の黄花ホタルブクロ、花びらが裂けて糸状になる白糸ホタルブクロなどの種類がある。

 ホタルブクロの花言葉は、「忠実」「正義」と言われている。

 ホタルブクロという名は、花の姿が教会の鐘を連想させることに由来するらしい。また、ホタルブクロの和名は、「昔、子供達がホタルを捕まえて、ホタルブクロの花の中に入れて遊んだこと」や「花の中にホタルを閉じ込めるとホタルのあかりが外へ透けて見えること」に由来しているという説がある。

タイサンボク

 タイサンボクは、アメリカ合衆国南部を象徴する花木で、ミシシッピ州とルイジアナ州の州花である。花期は5~7月頃で、樹高20mにもなる公園樹である。花の白と常緑で光沢のある葉の深緑色が対比的で美しい。花が上向きに咲き、大きな葉の裏面には茶色の毛が密集している。日本には明治時代に導入されたと言われている。

 タイサンボクはモクレンやコブシなどの仲間で、とても良い香りが特徴で、香水などの香りの成分として使われる。花言葉は「前途洋々」「威厳」と言われている。

 

ウラシマソウは絶滅危惧種

 ウラシマソウは、2015年4月にこもれびの丘の雑木林で見つけて以来、公園では見ることができなくなっている。以前から、ウラシマソウは絶滅危惧種に指定されている山野草である。ウラシマソウは葉の下に、肉穂花序と呼ばれる穂のような花をつけるが、その先端の姿が浦島太郎が持っていた釣り竿の糸と似ていることから、このように呼ばれるようになったと言われている。花は、仏炎苞と呼ばれる黒褐色か、赤褐色、緑白色の苞に包まれている。
 草丈は、30~80cm程度で、開花期は4月から5月で、地下に里芋に似た大きな球根があり、春になると芽を伸ばす。ウラシマソウは性転換する植物として知られており、力のない株は雄花、力のある株は雌花になると言われている。生育の状態によって、毎年、雄花をつけるか、雌花をつけるか変わってくる。
 秋頃には、トウモロコシを縮小したような真っ赤な実をつける。美しい姿を見せるが、ウラシマソウの実にはサポニンという毒が含まれており、食べると激しい嘔吐や激痛に襲われる。
 ウラシマソウの花言葉は、不在の友を想う、懐古、回想などといわれている。ウラシマソウの種類は、南国に自生するナンゴクウラシマソウ、小型のウラシマソウであるヒメウラシマソウ、茎のまだら模様がマムシに似ていることからつけたマムシグサ、肉穂花序の先端が雪のように白く、餅のように丸いことから名付けられたユキモチソウ、大型種でありボクシングのグローブのような形をしたムサシアブミなど、数種類のものがある。

 最近、絶滅危惧種、準絶滅危惧種が増加しつつある傾向が気になる。
 

SHWKP公園動画とBGMを楽しむ